個人事業主が会計ソフトを使う優位性

個人事業主の場合、普通の法人のように経理課などの財務を管理する部署が個別に設けられている割合は少ない。
このため、財務健全化には会計ソフトを必要とする場合が多い。
現金出納帳を手書きで記入するやり方は、IT化が進む以前からあるやり方であるが、その方法を使っていくと決算期において改めて金額を集計する必要が出てくる。
そうしないと、現金の収支が分からないからである。その手間を大幅に省くことができるのが会計ソフトなのである。
日々の営業活動をこのシステムに入力をしておくと、年度末に決算整理をするだけで、適正な会計帳簿が完成し、貸借対照表と損益計算書が出来上がる。
この表をもとに個人事業主は、確定申告を行い所得税を国に納付する。

また、通年を通しての売上げ管理、在庫管理、勤怠管理、資金繰りなどが容易に分かるため、非常に使い勝手がいいものと言える。
経理を雇えない場合でも、この方法を使えば、個人でも十分、自分の事業の財政状態を把握することが可能となる。
さらに経営管理にも役立てることができ、損益分岐点の計算、原価計算、利益率、を求め売上目標を決めて経営を行うことができる。
売上げの目標が立てられれば、経営をどのように行っていくか道筋がたち、自ずと経営は安定してくる。
安定した営業活動を行っていくと売上げも伸び規模も大きくなる可能性がある。
個人事業主といえど、さらなる発展が期待でき、地域経済に大いに貢献することが出来る。
会計ソフトの使用は大いに役立つシステムであるといえる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です