個人事業主には必須の会計ソフト

個人事業主は、会社のしがらみから解放されて気楽な仕事だと思われるかもしれない。
しかし、個人事業主の毎日は忙しい。そして、確定申告の時期は特に忙しい。
サラリーマンの時は経理担当がしてくれていた処理を、自分でしなければならないからだ。

確定申告の方法は白色申告、青色申告(10万円控除)、青色申告(65万円控除)の3種類ある。
白色申告は税制上のメリットが少ないが、「帳簿への記帳」と「帳簿・書類の保存」が義務付けられることになってしまった。
そのため、いずれは青色申告にした方がいいとすすめる人が多い。
しかし、青色申告(65万円控除)には、複式簿記での帳簿作成が必要でハードルが高い。
簿記の知識があるから大丈夫、と思っている人でも、日常の業務をこなしながら手書きで帳簿をつけるには多くの時間や手間がかかる。
そして気づけば作業はどんどん遅れていってしまう。

これから個人事業主になる人で、青色申告をしようと考えている人には会計ソフトがおすすめだ。
会計ソフトは、最初の設定が面倒に感じられるかもしれない。しかし、慣れてしまえばとても便利だ。
日々の入力さえしておけば、残りの面倒な計算はソフトが効率よくやってくれるので、確定申告の時期になって慌てる必要はない。
決算書も簡単に作成することができる。
もし、既に事業を始めていてもまだ間に合う。自分が使いこなせる自分に合ったソフトを探してみるといいだろう。
事務作業に時間を割くのではなく、効率よく業務に取りかかるために■■個人事業主のための会計知識 ■■コチラをおすすめする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です